OK,Darling. But What is Photograph?

だから写真って何なのよ/カマウチヒデキ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月25日

0425kb.jpg

タントテンポで「東日本巨大地震支援特別展 - Socio Arte KOBE2011」開催中。
売り上げはすべて東北への義援金になります。よろしくお願い致します。
http://tantotempo.jp/newsite/exhibition.html
僕は井本礼子さんのプリントを1つ買いました。あと何かひとつ、絞りきれず。また行って考えよう。

僕のはモノクロプリント2点、カラー1点。各3000円です。まだ全部残ってます(寂)。
よろしくお願いいたします。

・・・・

写真はタントテンポからの帰りにSD15で撮影。
デジタルの即応性とかいうけど、撮ったら撮っただけ現像なり何なりの処理をしなければならない。銀塩ならためておいて一気に現像、とかもアリだが、デジタル画像はためるとえらいことになる。
撮ったらその日に吐き出して現像。
これがけっこうな労働だったりする。デジタルってちっとも楽ではない。





スポンサーサイト
  1. 2011/04/26(火) 01:43:13|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Socio Arte KOBE 2011

110421sa.jpg

(↑ なつかしいこんな写真とか出展してます)

2011年4月23日(土)- 5月3日(火・祝)
東日本巨大地震支援特別展 - Socio Arte KOBE 2011
(神戸・元町/TANTO TEMPO)
http://tantotempo.jp/newsite/index.html

参加します。
僕のような三下写真家だけでなく、ハービー・山口、大和田良、浅田政志、萩原義弘、ノモトピロピロ等のビッグネームも出展してます。びっくりするような安価で買えちゃうみたいですよ!
もともと安い僕の写真も(苦笑)やっぱり安価であります。買ってください。
もちろん売り上げは義援金になります。
詳しくはTANTO TEMPOブログ
http://mt.tantotempo.jp/blog/2011/03/socio-arte-kobe-2011.html
http://mt.tantotempo.jp/blog/2011/04/socio-arte-kobe-2011-1.html

[参加写真家] ハービー・山口/hana/逸見光寿/サイトーシン/大和田良/浅田政志/萩原義弘/オサム・ジェームス・ナカガワ/高橋あい/鷲尾和彦/カマウチヒデキ/西山武志/加藤ゆか/徳谷ヒデキ/鈴木全太/細江賢治/木村朗子/徳平尚彦/小山泰三/村上将城/笠野泰照/門井幸子/菊池和歌子/田中亜紀/保坂昇寿/nomoto piropiro/ケイコクリタ/後藤剛/水野美加/清家政人/奥脇孝一/三木大典/藤原敦



  1. 2011/04/21(木) 07:15:02|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咽頭炎でダウン/図鑑少年

110419s.jpg

でも一日寝てたら、どうにか治った感じ。

・・・・・・

大竹昭子『図鑑少年』(小学館)が面白かった。写真家の評伝書いてた大竹昭子しか知らなかったが、この小説? というかエッセイ? どっちでもいいけど、ひっくるめての文芸として、最近出色の満足度。素晴らしい。
最近、と書いたものの、調べてみたら1999年、つまり12年前の出版。『眼の狩人』の大竹昭子が、なんか面白そうな本出したなぁ、と思った記憶が12年前だって? つい数年前だと思っていたのに。






  1. 2011/04/20(水) 01:28:59|
  2. 読書狂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本橋成一/あさのあつこ/網野善彦/震災チャリティ展/不調

110419muko.jpg

■本橋成一の写真集を中古と新品で。中古は『老人と海/与那国島』(朝日新聞社)で新品は『屠場』(平凡社)。『屠場』は(たまたま最近読んだ)『日本の路地を旅する』の上原善広が育った更池、その更池にある屠畜場を長年かけて取材したもの。入魂の一冊、おすすめです。■あさのあつこ『ありふれた風景画』(文春文庫)、『あかね色の風/ラブ・レター』 (幻冬舎文庫) 、『バッテリー』(全6冊/角川文庫)。『バッテリー』に感動。これは児童文学? 子供にわかるの? 読後、しばし放心状態になるほどに、特に第1巻が素晴らしい。そして6巻までそのテンションを持続するところも凄すぎる。■網野善彦『異形の王権』(平凡社)と同じく網野善彦『歴史を考えるヒント』(新潮選書)。新潮選書の方が面白かった。百姓≠農民、ということに気づくだけで日本の歴史の様相がまさに一変する。「水呑百姓」が、必ずしも極貧小作人だとは限らない、なんて。常識ががらがら崩れていく痛快さ。■ギャラリー・マゴットの震災チャリティ展でゴトーマサミさん、角田佳子さん、田住見さん、PUUさん(2点)、山本瑞穂さん(3点)、のプリントを買う。人のプリントを買うって楽しい。■肝炎を病み、しばらく絶不調でしたが、幸い早く治りました。■シグマのSD15と30/1.4を購入。本格的にデジタル導入の、現在模索中。もちろん銀塩での制作もやめませんけれども。



  1. 2011/04/19(火) 00:30:47|
  2. 読書狂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SD15

110418SD15b.jpg

引き続き、SD15/30mmF1.4で。

110418SD15c.jpg




  1. 2011/04/18(月) 01:33:21|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新機材導入

110414SD15.jpg

シグマSD15と30mmF1.4を購入。テストがてらの初写し。



  1. 2011/04/15(金) 01:18:58|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災支援チャリティー・フライング開催中!

110402bc06.jpg

4/5(火)-4/10(日)ギャラリー・マゴット東日本大震災支援チャリティー

http://gallery.maggot-p.com/

一応5日から、ということになってますが、すでにギャラリー内は(前週の展示中にもかかわらず)チャリティー写真であふれかえり、フライング展示&販売中です。
120名以上が参加、売り上げはもちろん全額義援金です。
僕ももう搬入をすませました。8×10サイズのプリントを、カラー(顔料プリント)2000円、モノクロ(バライタ)2500円にしてます。
出すばかりじゃなくて、もちろん買わないと意味がないわけで、僕もすでにPUUさんの額装写真とゴトーマサミさんのモノクロ1点、買いました。
写真の他にポストカードや写真集や写真雑誌やカメラ機材もあります。
来週の本展示期間はもっともっと充実するんでしょうね、楽しみです。

基本、売れたら持ち帰りなので、素敵な写真を見るために&買うために、皆様お早めにギャラリー・マゴットへ!
  1. 2011/04/02(土) 07:01:42|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。