OK,Darling. But What is Photograph?

だから写真って何なのよ/カマウチヒデキ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギャラリー・ライムライトSP企画展示vol.10 終了しました。

ギャラリー・ライムライトSP企画展示vol.10、兒嶌秀憲『D・U・P』vs.カマウチヒデキ『人物写真』終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

カマウチ『人物写真』の出展写真です。
(8×10ネガからの半切銀塩プリント9枚 + 6×6からのインクジェットプリント6枚)

01_05.jpg
06_09.jpg

aoym2.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/03/25(日) 00:10:30|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日最終日です。『D・U・P』vs.『人物写真』

120324zk.jpg

いつまでもあると思うな写真展。
本日最終日、18:00までですよー。まだの方はぜひに。

ギャラリー・ライムライトSP企画VOL.10
兒嶌秀憲『D・U・P』VS. カマウチヒデキ『人物写真』


ギャラリー・ライムライト
http://gallerylimelight.web.fc2.com/index.html
阪堺電車(路面電車)帝塚山三丁目駅より南2~3分/南海高野線・帝塚山駅より南東5~6分
  1. 2012/03/24(土) 01:13:14|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろんなところで打たれた話

120322ddd.jpg

3月20日、ビーツギャラリーのいけたにいさむ写真作品展『迷宮の仮説2』、駆け込みで見る。す、凄っ! 
75歳なのに、という言葉は逆に失礼以外の何でもないが、それでもつい言ってしまうわ。
「75歳なのにっ!」 
僕の足りてない部分を全部持ってる人って感じがする。悔しい。

文章も素敵なのである。素敵すぎるのである。フライヤーから無断引用する。
「断片の寄せ集め、それは単にガラクタの集積でしかないのか? 尻尾の先の夢想からはなにがみえるのか、自分とは、世界とは、ナニか?/1.世界とはガラクタの山である。2.いや、そうでもない、部分的には美しくさえある。3.どちらとも言えない。/今回の展示にあわせて急遽、三つの仮説を建ててみました。/結果として自分には3.が一番近いきがします・・・・”どちらとも言えない”

99点の写真が、ほぼ手作りの額装で所狭しと並ぶ。額装も写真もとことん自由である。いけたにさんはずっと絵の世界にいた人で、写真は初めてまだ3年なんだそう。
いけたにさん曰く「写真ばっかりやってる人って、ほら、狭~く考えちゃう人が多いでしょ」って。
ええ、それは僕のことでもありますね。わかってますって。くっそう。
自分もライムライトで展示中なのに、他人の写真展に打ちのめされる。

・・・・・・

もう一つあって、3月21日、中崎町「花音」にて辻まゆみ写真展『森の中に月を隠す』。
http://mayu9.blog17.fc2.com/blog-entry-739.html
素晴らしい展示だった。激しく嫉妬を覚えるほどに。
辻まゆみの写真は、去年の三月に彼女とギャラリー・ライムライトで「ギャラリー・シェア」のW個展をしたくらいだからもちろん元から好きなんだけれども、この一年で展示方法にも写真の質的にもめきめきと腕を上げ、今回の花音での展示は、思わず壁面の前で呻いたくらいにかっこよかった。
経験の浅さから技術的な問題を多々抱えていた彼女も、ライムライトの暗室魔神たちの素晴らしいコーチングでそれを克服したようだ。本当に素晴らしい展示だったと思う。

いけたにさんの展示は終わってしまったけれど、辻さんのは25日(日)までやってます。少々わかりにくい場所だけれども、ぜひ見に行ってください。おすすめ!

・・・・・・

いろいろ打ちのめされることが多い今週。
次は展示じゃなくて小説の話だが、沼田まほかる『彼女がその名を知らない鳥たち』(幻冬舎文庫)。
こ、こうくるか! なんちゅー気分の悪い小説や、と我慢して読む途中までの嫌悪感までも武器にする。これはちょっと、今までに読んだことがないタイプ。
登場人物の誰一人として共感できない、身も蓋もなくだらしなく俗物的に進行する物語が、最後の最後でとてつもなく美しく転化する、びっくりするような小説です。



  1. 2012/03/22(木) 00:18:59|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日から後半戦『人物写真』

ギャラリー・ライムライトSP企画VOL.10
兒嶌秀憲『D・U・P』VS. カマウチヒデキ『人物写真』


本日水曜日は休廊ですが、明日から後半戦、24日(土)までです。
僕のは8×10大判カメラで撮った人物写真です。
一点だけ見せちゃおう。↓

yamyam120321.jpg

ギャラリー・ライムライト
http://gallerylimelight.web.fc2.com/index.html
阪堺電車(路面電車)帝塚山三丁目駅より南2~3分/南海高野線・帝塚山駅より南東5~6分


  1. 2012/03/21(水) 14:56:29|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギャラリー・ライムライトSP企画vol.10

120308LimelightDM_20120313102456.jpg

ギャラリー・ライムライトSP企画vol.10
兒嶌秀憲『D・U・P』vs. カマウチヒデキ『人物写真』


3月18日(日)~24日(土)12:00-19:00(最終日は18:00まで)
ギャラリー・ライムライト
大阪市住吉区帝塚山中4-1-4 06-6625-9162
http://gallerylimelight.web.fc2.com/index.html


  1. 2012/03/13(火) 10:59:50|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと五日

120312f.jpg

川尻秋生編『将門記を読む』(吉川弘文館)読了。

・・・・・

一週間を切って、まだ展示の構成で悩んでいたが、考え得る限りシンプルな構成でいくことに決めた。
写っている人がいろいろ語ってくれるだろうから小細工抜きで。

ギャラリー・ライムライトSP企画
兒嶌秀憲『D・U・P』& カマウチヒデキ『人物写真』

http://gallerylimelight.web.fc2.com/index.html
3月18日(日)~24日(土)[水曜休廊]








  1. 2012/03/13(火) 02:40:26|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古書狂時代/のんのんばあ/バイテンを伸ばす

120311kdt.jpg

■岡崎武志『古書道入門』(中公新書)読了。昔ほど猟書狂、というほどではなくなったが、それは写真が忙しいせいであって、本への情熱は衰えてはいない。今ほど写真の活動に比重をかけていない頃は、仕事休みには必ずどこかしらの古書店に出かけており、日に複数件の店を回るのはもちろん、ときには京都と大阪、とか、大阪と神戸、とか、二都市古書店ハシゴとかもやっていた。そんな本狂い時代のことを思い出させてくれる本だった。100万円握りしめて神田神保町に出撃したい! ■水木しげる『のんのんばあとオレ』(ちくま文庫)。水木しげるの幼少期の話は何種類も類書があるが、この本は子供向きに書かれたものらしく、いつもの水木サンとは語り口調が違う。水木サンにしては文章が整然としすぎていて(?)聞き書きで誰か別ライターがまとめたんじゃないか、とも思うのだが、まぁそんな問題はさておき、やはりのんのんばあ関連の話はすごくいい。死に際の寂しさも胸苦しく、のんのんばあはオレに入り込んで妖怪の世界を描かせてくれたので、オレも次の水木サンにのんのんばあの世界を渡さなきゃいけない、という部分に感涙する。■ギャラリー・ライムライトの暗室を借りて、『人物写真』用のプリントをする。8×10ネガから半切に伸ばす、という初の試み。ピントルーペ使っても粒子が見えない! ピントのピークがわからず苦労した。6時間かけて10点。苦労はするが面白い。
  1. 2012/03/12(月) 00:56:04|
  2. 読書狂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兒嶌秀憲/D・U・P  カマウチヒデキ/人物写真

3月18日(日)~24日(土)に開催されるギャラリー・ライムライトSP企画展示vol.10のタイトルが決定いたしました。
『兒嶌秀憲/D・U・P』(1F)&『カマウチヒデキ/人物写真』(2F)

決定いたしました、って、10日前なんですけど・・・そして、今頃タイトル決定ということは、まさかまさかの! DMも作られていないということです。
なぜにそんな悠長なことが起きるのか?

兒嶌さんはMIOの展示でバタバタし、僕はNOMA、ブルーム・ギャラリーと続いた展示でバタバタし・・・正直、二人とも油断していたのです(油断て!)。
いや、ほんと油断していたとしか思えない。
で、昨日の晩、20分で作りました。DMデザイン。兒嶌さんが発注してくれて、3月10日には出来てくるらしいです。仕事早いね、(株)グラフィック。
遅れて作ったので、実物は出来てないけどwebでは早めに公開(↓)。

120308LimelightDM.jpg

来週あたまには大阪の各ギャラリーに配布される予定です。確実に欲しいという方はkamauchihideki[at]gmail.comまで住所メールしてください(上記アドレスの[at]を@に変えて下さい)。

肝心の中身ですが、展示する写真はもう撮影されています(だからこその油断でもあったわけですが)。が、プリントはまだ。今週末にライムライトの暗室でプリントします。
DM忘れるくらいだから、ええ加減に撮ってるんだろう、なんて言わないでください。DM忘れてたのは、ええ、なんていうか、魔が差したのです。あれ、日本語変か?
しかし撮影は渾身です。主に大判カメラでの人物写真の展示になります。
兒嶌さんのD・U・Pは「ドアップ」の意味らしいです。

とりあえず落ち着け、カマウチ。
ゆっくりやることをやるんだ。それだけのことだ。

皆様、ぜひにぜひにお越しください。


  1. 2012/03/08(木) 02:04:34|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ポートフォリオ展』終了しました。次は・・・

120306_3p.jpg

ブルーム・ギャラリー『ポートフォリオ展vol.6』終了しました。
たくさんの方々にご来場いただきました。どうもありがとうございました。

・・・・・・

次の展示は兒嶌秀憲氏との二人展です。
3月18日(日)~24日(土)ギャラリー・ライムライト [21日水曜日は休廊]
http://gallerylimelight.web.fc2.com/index.html

開催まで2週間を切って、DMはおろか、タイトルさえ決まってないってどういうこと???
タイトル未定ですが、内容は人物写真対決です。
もうタイトルは『人物写真』でいいんじゃないかと思います。
そうします? 兒嶌さん。






  1. 2012/03/06(火) 01:32:14|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

・・・・。

120301_3p.jpg

昨日、ハトに爆撃された。頭部に被弾。
緑色のうんこが髪にべっとり。




  1. 2012/03/02(金) 02:34:31|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉村昭2冊

120301ay2.jpg

■吉村昭『殉国』(文春文庫)読了。解説に書いてあった「外面描写の鬼」という言葉がいい。徹底的に「外から」描写される死のさまざま。数ある吉村昭の著作でも『海も暮れきる』『戦艦武蔵』に並ぶ凄さだと思う。摩文仁の崖から小石を撒いたように落下する住民たち、円陣の中央でちらっと白い火が見えたと思うとパタっと倒れる手榴弾による家族自決。兵士の腹からこぼれる桃色の腸。自軍に撃たれ波間に消える投降者。ことさら死を重量ないがごとくに描き続ける筆致に戦慄。この比重の喪失が戦争というものなのか。■同じく吉村昭『遠い日の戦争』(新潮文庫)。いつもの淡々とした書きぶりと見せかけて、後半めずらしく起伏に富んだ筆遣い。どきどきした。

・・・・

ブルーム・ギャラリー『ポートフォリオ展vol.6』
3月4日までです。ぜひに!







  1. 2012/03/01(木) 00:12:26|
  2. 読書狂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。