OK,Darling. But What is Photograph?

だから写真って何なのよ/カマウチヒデキ

築山有城「ひとりDrawing Exhibition」

120625cb.jpg

神戸アートビレッジセンター・築山有城「ひとりDrawing Exhibition」見てきた。
http://kavc.or.jp/art/index.html
なんだかとても愉快な気分になる展示。ドローイング、鉛筆を使って手で描くという「運動」性みたいなのが観てる側にもピシピシ伝わってくるような。
昨日保坂昇寿さんにアナログとデジタルのグルーブ感の違い、みたいな話を聞いた(web上で)ばかりだったので、まさに「アナログのグルーブ感」であるドローイングの、作り手と受け手の「運動」性の共有を、ものすごく羨ましく感じたりした。
写真には写真の、アナログでもデジタルでも、そういう推進力ってあるんだと思うけれども、やっぱり手を動かすという直接的なものには、どうしても太刀打ちできないなぁと感じる。じゃあ何で「太刀打ち」したらいいんだろか。愉快な気分のあとで、なんだか考え込んでしまった。
踊ってる人を見たら踊りたくなる、とか、鉛筆を自由に扱ってる人をみたら自分も描きたくなるとか、そういう「運動」→「運動」の伝播って、なんか羨ましい。自分でろくろの上の紙にボールペンのっけてる気分に(まんまと)なったし、大きな稲妻の絵は、あれを描くのに使った鉛筆の物量と筋肉の総量が僕の右手に伝わった。
うー。なんか僕も描きたくなってきたなぁ。

・・・・・・

吉本隆明『真贋』(講談社文庫)読む。なんかいまいちなのであと少しのところで吉村昭短編集『魚影の群れ』(ちくま文庫)にチェンジ。こっちはすこぶる面白い。表題作もいいけど分量的にこの本の半分を占める『海の鼠』が凄い。



  1. 2012/06/26(火) 02:22:33|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

福山えみ写真展『A Trip to Europe』(ギャラリー10:06)

120622brsnk.jpg

福山えみ写真展『A Trip to Europe』(ギャラリー10:06)見る。
http://www.gallery1006.com/
「何かに隔てられた向こう側に、何かかすかにきらりと逆立つもの」というイメージが執拗に繰り返される。そのかすかなきらり、が絶妙にかすかなので、その小さな棘を追って何周も何周も見てしまう。いつになっても見終われない。
らちがあかないので、図録的な写真集(1500円)を買って帰った。
家で写真集を見たら、写真集なのだからオリジナルよりも画質が落ちるのは当たり前として、その画質の悪さの中に「オリジナルはもっとここが立っていた」「あのプリントはここがもっと煌めいていた」と反芻的な感動が戻ってくる。一見地味だけど、とても丁寧で、企みに満ちたプリントだった。
手前、奥、その中のひとつの棘立ち(傘であったり壁の裂け目から見える車であったり)、と巧みに視線を誘導される仕組みになっていて、被写界深度に時間推移的な意味を持たせている。全然違う作風だけれども、以前キース・カーターのフォーカスをいじくった一群の写真を見ていて同じことを考えたことを思い出した。写真は瞬間の芸術とかいうけれど、ちゃんと時間的推移を一枚に封じ込めることが可能なのだ。
  1. 2012/06/22(金) 10:19:43|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姫と牛蛙

120620nk.jpg



  1. 2012/06/20(水) 01:29:59|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

45歳になりました

120613hb.jpg



  1. 2012/06/13(水) 00:21:41|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

深瀬昌久氏逝去

120611fukase.jpg

深悼、哀悼。
あの『鴉』は、誰にも越えられない。



  1. 2012/06/11(月) 02:30:38|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

7年間ありがとうございました

120602gbkp.jpg

7年前に開設したweb site 「kamauchi photograph」
たまーにギャラリーを更新しながら続けて参りましたが、このたび、自宅のネットワーク環境改修のためBiglobeとプロバイダ契約を解除し、Biglobeのサーバー上に開設されていた「kamauchi photograph」も自動的に閉鎖の運びとなりました。
7年間の長きにわたり、遊びに来て下さった延べ16万8400人の方々、ありがとうございました。
といいつつ、5月末日で契約終了のはずが、メール機能等は即日ストップしたのに、web site はなぜか現在も繋がる状態です(6月2日午前2時現在)。まぁ、しかしそのうち整理されるでしょう。見ておきたい、という方はお早めにお願いします。
個人的には「写真集を買いに」のコーナーの、たとえばリー・フリードランダーの頁、徳山たづ子の頁、キース・カーターの頁などがお気に入りです。青臭い文章ではありますが。
いずれ、新しく自分のホームページを立ち上げるつもりです。僕のAdobe Go Live を使ってのHP製作なんて太古の時代の技術なので、どこか既成のヒナガタを使ってのものになりそうですが(現バージョンのGo Live、ちょっと触ってみたけど全然わからなかった・・・)。
なんかいいヒナガタあったら誰か教えて下さい。

このブログ、「OK, Darling. But What is Photograph?」はまだまだこそこそ続けますのでよろしくお願いいたします。


  1. 2012/06/02(土) 02:19:03|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3