OK,Darling. But What is Photograph?

だから写真って何なのよ/カマウチヒデキ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マーティン・チャンビのカラー写真???

マーティン・チャンビの知らない写真集が! 
アマゾンに出ていたので大喜びで注文。で、今日届いたのですが、

121029a.jpg

ページを繰ると、おっと!

121029b.jpg

何でカラー??? マーティン・チャンビのカラー写真が新しく発見されたのか???
・・・と、表紙をよく見たら Martin Chambi とならんで Castro Prieto という作家名が。

121029c.jpg

そうそう、これがチャンビですよね。あーびっくりしたな、もう。

というわけで、この写真集はスペインの写真家カストロ・プリエトとペルーの写真家マーティン・チャンビのコラボ写真集だったのです。
普通なら何だよもう! と怒るところですが、対バン?のカストロ・プリエトのカラー写真も素晴らしかったのです。

いいですよ、これ。
Martin Chambi + Castro Prieto 『Peru』
スポンサーサイト
  1. 2012/10/30(火) 00:27:21|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

上武庫橋

121024aoko.jpg



  1. 2012/10/24(水) 20:24:07|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むこう・がわ

121023aoko2.jpg


嘘かホントか、六甲山の読みは太古「むこ」で、畿内から「むこう」にある山だったから、と今日NHKの何かの番組で言ってた。
だったら「武庫川」も「むこう・かわ」だろう。
まさにむこうがわ、のような、というとこじつけくさいか。
武庫川にて。


  1. 2012/10/23(火) 02:11:53|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

武庫川

121017aoko2.jpg


  1. 2012/10/18(木) 01:18:12|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒猫

121016gc.jpg
  1. 2012/10/16(火) 15:03:34|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに見た気がする

121015kamageccho.jpg

珍しくもない虫だったのになぁカマキリなんて。
まつもとひろしさん+池上夏生さんのアトリエにて。



  1. 2012/10/15(月) 20:37:01|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丸腰の日

121008ookuno.jpg

そうそう、今日は珍しく丸腰だった。
意図してのことではなく、M4とSD15、どっちにしようか朝ずいぶん悩んで、よし、今日はSD、とM4を机に置き、そのまま馬鹿なことにSD15も玄関に置いてきてしまったという(嗚呼)。
しかしこの、丸腰の時に限って、目につくもの目につくもの魅力的に見えるの法則、なんとかならないものか。
暗がりで自販機の灯りが照らす地面の真ん中にじっと端座している憎々しい顔した猫だとか。あの猫、絶対に写真の神様が僕に「あほ」と言うために派遣したんだと思う。写真の神様は時に過剰に意地悪である。
外壁工事中でシートに覆われたマンションに、絶妙に街灯が射して不気味にのっぺらぼうの表面を輝かしているところとか。明日同じ時刻にそこに行ったおしても、きっと神様が意地悪をして外壁工事が終わってたりするんだきっとそうだ絶対そうだわかってる。

と本当らしく書いてみたものの、この「丸腰の時に限って、目につくもの目につくもの魅力的に見えるの法則」は、別に謎でも何でもないのである。
普段はカメラを持っているから、そういう場面に出くわしたらシャッターボタンを押す。写真として捕獲してしまったら、次はプリント作業をするまで「それ」に対する思考は中断する。意味はさておきとりあえず捕まえておく、というのが写真というものである。自販機の灯りに照らされる憎々しい顔の猫、について延々と考えていたら、次の写真が撮れない。撮ったらあとはいったんすぐに忘れる。
ところがカメラを持っていないと、ずっと「さっき見た憎々しい猫」のことを忘れられないのである。いったん忘れる、という処置が出来ない。忘れたら消えてしまうし。
なので、カメラを持たないで歩いた日に見た風景というのは後を引くのである。そしてそれはとっても、精神衛生上よろしくないのである。


  1. 2012/10/08(月) 07:31:31|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

悔しさをこらえて借り物の言葉で語る

121005lub.jpg

借り物の言葉で語る人が苦手だ、と思っていたが、新しい日本語を一から発明でもしない限り、僕の話す言葉も所詮はすべて借り物なのだった。
なので訂正、自分の語る言葉は全部借り物だ、と理解せずに借り物の言葉を語る人が苦手だ。
借り物であることをよしとせず、悔しさをこらえて借り物の言葉で語る。

写真も同じかもしれないと思う。写真機や感材は語彙と語法。その文法からは逃げられないし、語法の枠を壊せばいいというものでもない。
写真というかりそめの言語の枠の中で、語れることを語るしかない。

写真は言語化以前のなにものかを追う。言語も言語化以前のなにものかを追う。目指すところは同じなのかもしれないが、だからといって安易に共謀させてはいけないような気がする。




  1. 2012/10/05(金) 23:23:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。