OK,Darling. But What is Photograph?

だから写真って何なのよ/カマウチヒデキ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

200字小説(10)『変奏』

121123.jpg


■変奏■

友人はとあるピアニストのとあるレコードが好きすぎて聴き飽きるのが怖くてここ10年聴いていないのだといい、聴かない代わりにずっと頭の中で鳴らしているのだとうっとりとした表情で言うのだが、十年間彼の頭の中で鳴り続けているその音楽は飽きるのを恐れるがゆえにおそらく変奏を続けているはずで、もし街なかで原曲が流れてきたとしても気づかなかったりしてね、と笑ったら彼は泣きそうな顔で「もう止まらないんだ」と呻いた。
(200字)




・・・・・

これまでの200字小説はこちら → http://kamanekoblog.blog58.fc2.com/blog-category-9.html



スポンサーサイト
  1. 2012/11/23(金) 23:00:49|
  2. 200字小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

積む

121117te.jpg

web siteにピックアップして載せようと、ここ8年くらい(スキャンして残してあるのがこのあたりから)のモノクロ写真を見ていたら、結局今でも自分で見るに堪える写真って、ほんの一握りしかないことに気がついて愕然としている。
結局どこで線を引くか、なんだけど、走り高跳びのバーみたいに、ほんの5cmの高さでバラバラと写真がふるい落とされてしまう。
長いこと写真やってるけど、なんだ、俺ってこんなもんなのか、とちょっと凹む。
ま、これからまた積めばいいだけの話なんだけれども。


・・・・・・

しかし5cmバーが上がったことは嘆くことではないな。
5cm上からの景色が見れるんだからね。



  1. 2012/11/17(土) 02:35:27|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペルソナ

121115kkihro.jpg

鬼海弘雄写真展、伊丹市立美術館
「ペルソナ」から最新の「アナトリア」まで、点数も多く豪華な展示。いつもながら伊丹市立美術館、やるなぁ。
浅草境内のポートレート集は『や・ちまた』も『ペルソナ』も持ってるけど、それでも何度見ても好き。
あの「濃ゆ〜い」ポートレートから想像するよりも、あっさりとしたプリントが多かった。まぁ、あれでドラマチックな感じで焼いたら、濃すぎてキツイだろうけども。
しかしこの人像たちを見るにつけ、人間て、世界と薄膜一枚でしか隔てられてないくせに、なんと一人一人に深い隔絶があることかと感慨しきり。最初に出した写真集のタイトルが『王たちの肖像』だったらしいけど(絶版)、この世にはかくも多くの孤独な王たちが群雄割拠しているのだな。

ショップで売ってた洋書版の写真集の印刷が素晴らしくて(国内版よりも大きくて綺麗)、5000円超だったけど欲しくなった。が、思いとどまったのはキャプションのせいだ。
あの素晴らしいタイトルを日本語で読めないなんて!


  1. 2012/11/15(木) 23:04:54|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい web site を開設しました

121107website.jpg

都合により7年間続けてきたweb siteをこの7月に閉鎖したのですが、このたびようやくリニューアルすることができました。
http://kamauchihideki.sakura.ne.jp/

リニューアルといっても、Go Live 6.0 による僕のホームページ製作技術なんてもはや太古の時代のシロモノ、全然野暮ったいものではあります。が、とりあえず常時写真を閲覧できる場所は用意しておかなければと思っていたので、野暮ったかろうがなんだろうが、これを順次整備していくことにします。

旧サイト「kamauchi photograph」同様、こちらもよろしくお願いいたします。
タイトルは思いつかないのでブログと同じ「OK, Darling, but What is Photograph?」にしました。何か思いついたら変えるかもしれません(笑)。



  1. 2012/11/07(水) 03:27:31|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。