OK,Darling. But What is Photograph?

だから写真って何なのよ/カマウチヒデキ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戸川純の超名曲『蛹化の女』(むしのおんな)、大好きな曲ですが(ライブのアンコールで演奏されるアップテンポ版『パンク蛹化の女』も含めて)、昔からちょっと気になっていたのですが、歌詞にある「蝉の蛹」、蝉って不完全変態なので本当は「蛹」の状態がないんです。幼虫が土から出て来て木に登って、しばらくじっとして、脱皮する。この「しばらくじっとして」の状態を「蛹」と呼べなくはないけれど、普通の蝶や蛾の蛹とは明確に違います。(だからといって『蛹化の女』の価値が寸毫たりとも下がるわけではないのですが)
蛹(さなぎ)の恐ろしいところは、イモムシである蝶の幼虫が「蛹」状態を経て蝶になる、この蛹の中で、幼虫から成虫の体(まったく別構造)に組み替わるんですが、中身はほとんど液状に溶けてるんです。なぜ知ってるかって? 小学生の頃、やっちゃったことがあるからです。蝶の蛹を分解したんです。ああ、思い出すだけでも背筋に冷たい電流が走ります。僕は小学生の頃、かなり昆虫好きだったんですが、そのまま昆虫おたくにならなかったのは、多分この蛹の中身を見てしまった経験からだと思います。いったん溶けて、成虫に組み替わるという、この恐ろしさ! あれ以来、すっかり昆虫好きをやめてしまったのです。
とはいえ、「蛹の中では体組織が一部の神経系と呼吸器系を除き溶解する」という事実は、恐怖であるとともに、あまりにも不可思議な「生命の謎」を考えるきっかけになりました。生きているって何だ? という、もちろん今も解けない謎を考えはじめた端緒になったのです。
『蛹化の女』の歌詞の続きにある「飴色の背中に哀しみの茎が伸びる」は、冬虫夏草のことですね。昆虫に寄生する菌類です。15年くらい前、この冬虫夏草のことを調べていて、盛口満の本に出会い、そこから小学生以来封印していた「昆虫好き」が復活しました。以来、盛口満の本は、たぶん30冊近く読んでます。

・・・・・・

さて、話はねじれますが。
梨木香歩『冬虫夏草』(新潮社)買いました! 名作『家守綺譚』の続編!
http://www.shinchosha.co.jp/book/429909/

まだ読んでない。楽しみすぎる! うふふふふ!

tcks.jpg





  1. 2013/12/21(土) 11:02:04|
  2. 読書狂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<今年もおしまい | ホーム | アパートメント更新「また昆虫の話(今度はナナフシ)」>>

コメント

こんな記事見つけました!
hhttp://karapaia.livedoor.biz/archives/52131673.html
  1. 2013/12/21(土) 17:13:02 |
  2. URL |
  3. カマウチ #wQuHZmn6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamanekoblog.blog58.fc2.com/tb.php/828-ad990731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。